起立性調節障害とは

自律神経失調症の一種であり、

 

朝の倦怠感や、

頭痛、腹痛、食欲不振等があります。

 

血液による酸素と栄養の供給が遅い為、

疲れやすく、回復が遅れます。

起立性調節障害を克服するには

整体でふくらはぎの機能を回復していく必要があります。

 

血液の循環不全が原因である事が多いので、

ふくらはぎを柔らかくして、関節可動域を回復させます。

 

朝が苦手な人も改善していくので、諦めずに治療していきましょう。

 

https://line.me/R/ti/p/%40lbe7498a

  ↑ライン予約はこちらから!