筋肉が原因で猫背になる場合

筋肉が原因で猫背になる場合があります。

 

例えば、体幹の深層にある大腰筋。

大腰筋が強く大殿筋が弱いと

 

骨盤は前傾になり、反り腰を誘発します。

 

逆に大殿筋が強く、大腰筋が弱いと猫背を誘発します。

左図は太ももの前側が強く引っ張る事で骨盤が前傾します。

 

右図は太ももの裏側が強く引っ張る事で骨盤が後傾します。