パーキンソン病とは

パーキンソン病とは、脳の中の黒質と呼ばれる場所に存在するドーパミン神経がなくなってしまう進行性の病気です。

 

発症してしまうと自然によくなったり治ったりはしません。

ごく一部の患者さんは遺伝子の変異が関連しますが、大多数の患者さんは原因不明です。

 

パーキンソン病では次のような特徴的な症状があります。

1、振戦(手足の震え)

2、動作緩慢(動作の鈍さ)

3、筋固縮(筋肉の固さ)

4、歩行障害、姿勢反射障害(小刻みで足をすった歩き方、転倒しやすさ)

整体での効果

現在パーキンソン病の原因は全く解明されてありません。

 

身体にかかる負担や、関節可動域、筋肉を柔らかくする事で症状の軽減や

症状の進行を遅くする事は可能です。